読む絵本『思い出のなかのおらーほー』

iruma-shimin
こんにちは、まちサポ飯塚です😀
先日入間市博物館アリットに立ち寄りましたらステキな本を発見しましたよ!!📗
読む絵本『思い出のなかのおらーほー』
入間市の歴史を知る関谷和さんによる子供の頃に見た風景、体験したことが親しみやすいタッチのイラストで描かれています。
おらーほーとはおれのところという意味なんだそうです🌈
この本は関谷さんだけでなく関谷さんの同級生の皆さんが集まり歴史を集めて作られました。
以前から【むかしのくらしの道具展】という小学生に伝えるために博物館の展示で関谷さんのイラストが起用され子供たちの学習に向けて活躍されました。
私もはじめて拝見させていただきました。
中には戦争体験のイラストと解説も出てきます。
戦地に行く近所の明るいお兄さん、優しいおじさんが列車にのり家族に手を振る場面のイラストは切なくなりました。入間市でもこんな歴史があったのかと改めて知りました。
今も昔も変わらない季節の楽しみや地域の様子など懐かしさや新鮮さも感じる展示でした。
関谷和さんどんな方なのでしょうか。お会いしてみたいですね(^^)
よろしければ年末年始、ゆっくり読んでみてはいかがでしょうか⛄️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP