いるま元気塾第1期生遊人会の集い

iruma-shimin

皆さまこんにちは。

今日で2021年も終わりですね、今年はどのような1年をお過ごしになられましたでしょうか。

コロナ禍で未だ閉鎖的な世の中ですが、夏にはオリンピックが開催され、感動や勇気をもらった希望のある年でもありましたね。

まちサポの支援で、最後までやり遂げた「いるま元気塾」の第1期生が、遊人会(ゆうじんかい)を結成してイルミンに集まり今後の活動について話し合いました。

12月18日(土)イルミン活動室1にて。

市民による活動団体を作る場合、イルミンに登録することで、活動の幅を広げたり相談ができたり、他の団体からの情報交換など得られるものが大きいのが特長です。

ここでは2022年に活動をスタートする際に、世話係りや連絡網など今後の方向性について話し合いました。

ここで、いるま元気塾1期生の皆さんと同じように、7年前にまちサポが実施した人財塾の修了生が中心となって、ゼロから活動を立ち上げてこられた「いちの会」の代表の方に今までの活動内容をお話ししていただきました。

いちの会は普段は万燈祭りなど積極的にボランティアをされたり、会の皆さんと季節ごとにどこかへ出かけたりされています。

仕事での現役を終え、時間ができた同世代、ボランティアで地域の交流に参加しようという志ある仲間で結成しました。

遊人会の皆さまもせっかくご縁があって一緒に学ばれた方々ですので、今後の地域デビューに大きく羽ばたいていただけたら嬉しいです!

皆さま良いお年をお迎えくださいませ。

今年も大変お世話になりました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP