平成31年2月19日~20日、一泊二日で、「えんがわ会議」に、まちサポの超若手メンバー3人で参加してきました。日本NPOセンターの事務局長をはじめ、北海道、栃木、茨木、神奈川、広島、宮崎などの若手事務局長など14人が全国から集まりました。多くは県レベルの中間支援を行うNPO活動センターで、市町村レベルのセンターは私たちだけでした。

皆さんは世代交代後の30~40代の若手で、元気良く、しかも理論的で、その議論についていくのがやっと。いろいろと考えさせる議論が時間もたつのも忘れて展開されていきました。テーマは、これまでのNPOの20年、これからのNPOの20年などを中心に、休眠預金への対応なども含む様々な課題についていくつかのテーマごとにチームを作って話し合いました。なかなか熱い会議でした。

帰りに来宮神社をお参りしてきました。境内はインスタ映えするようにリニューアルしたので若い娘さんなどで賑わっていました。